小野整骨院 ono-seikotsuin.com

ono-seikotsuin.com web全体
HOME 整骨院紹介 プロフィール 診療内容 患者さんの声 からだトピックス FAQ お知らせ

からだトピックス
身体のこと、健康のこと、ちょっと知りたいケガのこと、からだについて最新のトピックスです。
掲載記事一覧


痛みの治療 小野整骨院
〒334-0054
埼玉県川口市安行北谷595-7
TEL
048−298−7922
mail:info@ono-seikotsuin.com
柔道整復研修試験財団
認定卒後臨床研修施設

アクセスマップはこちらから

交通事故(自賠責)専門外来
・各種健康保険取扱い
・業務災害(労災・通災)取扱い

診療時間
<月〜金>
 午前8:30〜午後12:30
 午後3:00〜午後 8:00
 ※木曜午後は、休診です。
<土曜日>
 午前8:30〜午後12:30
 午後3:00〜午後 6:00

<休診日>
 日曜・祭日、木曜午後
 急患の場合は休日・時間外
 でもご連絡ください。


<往 診>
 午後1:00〜午後3:00
 通院困難な場合は、往診も
 行っています。お気軽にご
 相談ください。



 関連サイト

(社)日本柔道整復師会
(社)埼玉県接骨師会
川口市接骨師会

その他のサイトは、
リンク


 ファイテン通販のお知らせ

ファイテン通販カタログ
無料進呈中です!
ファイテン通販カタログ

カタログ希望の方はこちらからお申し込み下さい。
      カタログ希望





HOMEからだトピックス腰椎椎間板ヘルニア お問い合わせサイトマップ
からだトピックス


腰椎椎間板ヘルニアは、切らずに治る!
  〜椎間板ヘルニアの症状経過と、自然縮小のメカニズム〜  − Vol.09 −

 皆さんは腰椎椎間板ヘルニアという病気をご存知ですか?テレビなどで出てくる事もあるので、名前ぐらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。椎間板ヘルニアとは、青壮年期に好発し背骨のクッションである椎間板の中身(髄核)が後方へ突出(脱出)し脊髄神経及び、神経根を圧迫して腰痛や坐骨神経痛、しびれ、麻痺などの下肢症状を引き起こす状態です。


≪椎間板ヘルニアの病態別分類≫

膨隆(protrusion)

脱出(subligamentous extrusion)

膨隆(protrusion)
後方線維輪の裂隙部に髄核の一部が移行するが、表層の線維輪は損なわれず、線維輪の部分断裂の状態。


脱出(subligamentous extrusion)
後方線維輪の裂隙中に髄核の一部が転位し後縦靭帯を持ち上げるも、後縦靭帯を穿破していない。


脱出(transligamentous extrusion)

遊離(sequestration)

脱出
(transligamentous extrusion)

髄核の一部が後縦靭帯を破り、ヘルニアが自噴した状態。まれには癒着した硬膜をも破り、硬膜内に脱出することもある。

遊離(sequestration)
脱出型ヘルニアでヘルニア腫瘤が元の椎間板から離れて脊柱管内に転位したもの。症状が強く、手術になることが多いが、遊離して神経根および硬膜に対しての圧迫が減少することもある。


 従来椎間板ヘルニアの治療は、飛び出した髄核を取り除き神経への圧迫を軽減させるという手術が行われてきました。現在、最も一般的に行われているLOVE法をはじめとして、経皮的髄核摘出術、レーザーによる腰椎椎間板除圧術、腰椎固定術など、色々な手術法が行われてきましたが、保存療法と比較しても手術後4年以上経過すると、その治療成績に差がないといった報告もされています。近年、CTやMRIなど画像診断の発達に伴い脱出したヘルニアの自然縮小例が多く報告されており、またまったく腰痛などの症状がない人でも、5人に2人は画像上ヘルニアの所見が見られるという事もわかってきました。


 症例:L4/5椎間板ヘルニア

MRI像(T2強調画像)矢状断面

MRI像(T2強調画像) 矢状断面

L4/5椎間に脱出(subligamentous
extrusion)が認められる。

MRI像(T1強調画像)L4/5椎体高位横断面

MRI像(T1強調画像)
L4/5椎体高位横断面

脱出した髄核によって馬尾が圧迫されている。


 なぜヘルニアが小さくなるのかというと、生体内異物反応により脱出したヘルニアが炎症を引き起こし、分解・消化されるからと考えられています。急性発症の疼痛が強い例でも、3〜4週間で急激に症状の改善が認められる症例に自然縮小例が多く、6ヶ月前後をさかいに縮小していくと言われています。


≪症状回復の経過≫

 それでは腰椎椎間板ヘルニアの症状の経過はどのように変化していくのでしょうか。腰椎椎間板ヘルニアは発症から、
急性期・回復前期・回復後期・治癒期・超回復期の5相に分けられています。

1、急性期は歩行も困難なほどの腰痛・下肢痛が出現します。前屈が困難となり、咳などでも下肢への痛みが出現します。

2、回復前期、この時期は前かがみが比較的楽になり、基本的な日常生活はほぼ行えるようになります。症状は、座位・立位などの同一姿勢保持や、午後から夕方にかけて疲労の蓄積により発生する痛みを特徴とし、不用意に身体を捻ることにより容易に腰痛・下肢痛が再発します。

3、回復後期、この時期になると日常生活動作はほとんど問題がなくなりますが、労働など負荷が増大すれば再発の可能性があります。起床時の痛み、瞬間的な痛み、同じ姿勢から動き始めの痛みがあるが、持続的ではなく、程度の差はありますが、下肢の症状が残っていることもあります。痛みよりもしびれを訴えることが多くなってきます。

4、治癒期、ほとんど痛みのない生活を送れるようになります。急性発症で、初回発症のヘルニアなら1ヶ月以内に、保存的に治療される多くの場合では、3〜4ヶ月以内に治癒期を迎えられると言われています。

5、超回復期、スポーツ選手では、普通の人以上に負荷を強いられるため、日常生活では困らないがスポーツ活動では障害をきたす事はよくあります。このような状況にも対応できるようになれば超回復期という事になります。

 脱出型の大きいヘルニアによる急性発症例など以前は手術の適応とされていたものでも自然縮小・消失が認められるため3〜6ヶ月は保存療法を行うようになってきました。このようにヘルニアの治療も大きく変わり、現在では手術しなければ治らないというような悲観的なものではなくなりました。

腰椎椎間板ヘルニア物理療法

 しかし、膀胱直腸障害が見られるもの、麻痺症状があるもの、保存療法を行っても社会生活に支障があるものなど、腰椎椎間板ヘルニアの5〜15%は手術の適応になるといわれています。膀胱直腸障害とはおしっこや大便が出なくなってしまう状態で、この場合は緊急的に障害を取り除く手術をします。このような緊急の場合を除き、まずは物理療法・運動療法などの理学療法を3〜6ヶ月間、徹底的に行い症状を改善させることが一番だということです。

 現在、腰痛や下肢痛でお悩みの方、適切な診断と治療が症状を取り除き治癒に向かうための必要な条件です。一日も早く『痛みの無い生活』を取り戻しましょう!




からだトピックス掲載記事一覧

  Vol.16 あなたはまだ、痛みと付き合いますか?〜痛みのメカニズムとは〜
  Vol.15 追突事故に御用心 〜交通事故傷害(1)むち打ち症の真実〜 
  Vol.14 家庭で出来る応急処置〜ケガをひどくしないための対策〜
  Vol.13 どうしよう!子供の肘がはずれたら 〜肘内障特集〜
  Vol.12 さらば腰痛! 〜1日2回の腰痛予防、腰痛体操特集〜
  Vol.11 『冷え性』を防ぐ七つの知恵 (冷え性対策で血流を守れ!)
  Vol.10 シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)の病態と発生因子
  Vol.09 腰椎椎間板ヘルニアは、切らずに治る!
  Vol.08 脳卒中は予防が大事! 〜高血圧とリンゴの関係〜
  Vol.07 スノーボードも受身が必要!(スノーボード外傷)
  Vol.06 ギックリ腰をぶっ飛ばせ! 〜腰痛対策完全版〜
  Vol.05 少年野球指導者の皆さんにお願いです!
  Vol.04 夏場の冷えにご用心 〜冷房病にならないために〜
  Vol.03 真夏のスポーツと水分補給 〜熱中症対策として〜
  Vol.02 レントゲンでもわからない、後から出てくる疲労骨折
  Vol.01 スポーツ障害・ランニングと膝の痛み(腸脛靭帯炎)



身体のこと、健康のこと、ちょっと聞いてみたいこんなこと、からだトピックスでお答えします。皆様の疑問をお知らせ下さい。 からだトピックスへ






ページのトップへ


通院する前にこれだけは聞いておきたい!!小野整骨院への疑問・質問・ご相談はこちらから



HOME整骨院紹介プロフィール診療内容患者さんの声からだトピックスFAQお知らせアクセスマップ